筋肉を発達させるためには筋トレに加えて栄養補給も大切である

筋肉を大きくするにはまず筋トレを行いますが、筋肉が大きくなるにはその後の栄養補給も大きなウエイトを占めます。
とくにタンパク質の摂取を意識することです。そこで筋トレを行っている人の1日の必要なたんぱく質量は
体重×2(g)です。例えば体重70kgの人であれば、1日において140gのタンパク質が必要です。
しかし実際のところ、それだけの量のタンパク質を食事から賄うとなるとささみを約600g摂取することになります。
現実的にはこの量を摂取することはとても不可能です。別の見方をすれば、筋肉を発達させるためにはそれだけの
多くのタンパク質が必要なのです。このような問題を解決するためにプロテインの利用をおすすめします。
普段の食事でタンパク質を摂取するとなると、余分な脂肪も含まれてカロリーオーバーとなってしまいます。
そこでプロテインであれば、余分な脂肪はカットされているので効率よくタンパク質を摂取することができます。
そこで前述した体重70kgの人であれば、食事で80gのタンパク質を摂取し、その不足分の60gをプロテインで補います。
そこでプロテインを摂取するタイミングですが、筋トレ30分以内がゴールデンタイムです。
筋トレ直後は体は成長ホルモンが分泌されて筋肉の回復を促進しようとします。このタイミングでプロテインを摂取すると
筋繊維の修復が速やかに行われて、筋肉の成長にもつながります。また、筋トレ直後だけでなく、寝ている時にも
成長ホルモンが分泌されるので、寝る前にもプロテインを摂取することもおすすめです。
いずれにしても、成長ホルモンの分泌が盛んになるタイミングでプロテインを摂取することが一番の近道です。
筋肉を発達させるためには、プロテインの摂取は大切な要素ですが、基本は普段の食事できちんとバランスよく
栄養を摂取することです。特に高たんぱく低カロリーの食事を意識することです。おすすめの食材はささみとまぐろです。
それらは高たんぱく低カロリーの代表的な食材です。それからBCAAが多く含まれている高野豆腐もおすすめです。
動物性たんぱく質が多く含まれている肉、魚、卵を積極的に摂取することです。ただ肉においては鶏もも肉、ばら肉やミンチ肉は
脂肪分が多くてカロリーが高いのでできるだけ控えて、ささみ、皮を除いた胸肉、ヒレ肉、豚もも肉といった高たんぱく
低カロリーの食材を選ぶことをおすすめします。以上、筋肉を発達させるために筋トレに加えてタンパク質の補給がいかに
重要な要素を占めているかを詳しく述べてきました。体は食べ物で大きく左右されます。このことを考えると筋肉を大きくするには
筋トレをしっかり行った上に、栄養をしっかりと補給することを決して忘れないようにしたいものです。

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です